むずむず病の治療

むずむず病の治療って具体的に何をするの?【生活習慣から】

むずむず症候群は、不眠や疲労を引き起こす心配のある症状があり、日常生活に支障をきたす事も少なくありません。
その原因は生活習慣や栄養不足など、様々な形で考えられています。

 

まずは、むずむず病の原因について改めて確認してみましょう。

むずむず病の原因

繰り返しになりますが、むずむず病の原因はいまだにきちんと特定されていませんが、いくつかの原因が挙げられます。
まず、中枢神経での鉄不足や末梢神経系の異常、さらには脳の中でドーパミンという神経伝達物質があるのですが、その機能が低下している、遺伝的要素、などが考えられています。
ドーパミンとは、栄養素チロシン由来のドーパから合成されていて、このドーパミンをつくる段階で作用する酵素に鉄分が必要だといわれています。
通常、肝臓や脾臓などに鉄分の貯蔵があるのですが、それらが枯渇してしまうと外から摂取するしかありません。

 

その他の原因として、鉄欠乏性貧血や糖尿病、パーキンソン病や慢性腎不全、さらには静脈留などのような病気についで二次的に発生す場合もあります。
その他、コラーゲン線維がダメージを受ける膠原病の中の慢性関節リウマチにも合併することがあります。

 

治療法には、主に二通りがあります。

むずむず病の治療法

生活習慣を見直そう
食生活の改善

むずむず症候群は、鉄分が不足しているために起こるとも言われています。
そのため、食生活の中では、食事をバランスよく取り、鉄やシロチンなどの栄養素をきちんと摂取できる献立を意識されるのが良いでしょう。

 

レバーは鉄分補給に良いとされる食材ですし、そのほか貝類や大豆食品にも、鉄分を多く含む食材がみられます。
例としては「しじみ」や「納豆」などがあげられます。
これらのような、鉄分を摂取できる食材をなかなか食べていないという場合には、積極的に取り入れると良いでしょう。

 

また、血行を急激に良くする作用のある生姜、ニンニクなどの食材については、過剰に摂取しないように心がけるのが良いかもしれません。

 

むずむず症候群の原因の一つとして考えられているのが、神経が異常に興奮状態になってしまう事です。
そのため、生活習慣において、興奮作用のあるものの摂取は控えるのが望ましいです。
例としてはカフェインやアルコールなどの嗜好品です。
鉄分を壊すような刺激のあるものを口にしないことです。

 

カフェインを含む飲食物は眠りを浅くし、症状を悪化させてしまう恐れがあるため、夕方以降の摂取はできるだけ控えましょう。
さらに緑茶などに含まれるタンニンも鉄の吸収率を妨げるので、食事前後にはあまり飲まないように心掛けましょう。

運動・睡眠の改善

運動をしていれば症状が軽くなるのがこの病気の特徴なので、寝る前に少し歩くことも良いでしょう。
その他には、脚や腕がむずむずすることがこの病気の特徴なので、その部分をお湯や水につけるなどすることです。
人によって温めたほうがよい人、冷たい水のほうが症状が軽くなりやすい人といますので、どちらかをお試しください。

 

さらに、就寝前にPCやスマートフォンを使ったり、テレビゲームをしたりする行為、さらに徹夜や深夜の作業についても、交感神経を刺激してしまい、副交感神経の働きを阻害する原因となるため、避けなければなりません。
適度な運動をおこなうことで、リラックスした睡眠をとることが出来ますので、意識していきましょう。

 

医学的な治療方法は?
医学的な治療方法の流れ

病院へ行くと、まずはむずむず症候群なのかどうかを判断するため、問診が行われます。
その後に補助的に検査を行います。
検査はいくつか行われ、血液検査により体内の鉄分が不足していないか確認します。
その際には血清フェリチン値を調べ、鉄分量を把握します。

 

他にも終夜睡眠ポリグラフ検査を行います。
これはセンサーなどを取り付けた状態で一晩眠り、脳波や眼球運動などを調べます。
これらの問診や検査を行った結果により、生活習慣の改善に関する指示、そして必要であれば投薬治療を行う方針となります。

治療方法について

医学的な治療法として、投薬治療があります。
今は、治療薬も数種類あるようです。
ドーパミンのが作用する部分、大脳皮質というところにある線条体という部分にあるドーパミン受容体というところを刺激するお薬です。
ドーパミンの作用が低下することでむずむず病が起こるといわれているので、この薬が効果を発揮しています。

 

必要に応じて投薬治療を行うのですがむずむず症候群において使われるのは「プラミペキソール」「ドーパミン製剤」「抗てんかん薬」が一般的とされます。
プラミペキソールが最も一般的として使われるもので、ドーパミンの分泌量を増やし、症状を抑える事に期待できます。
ただし、眠気や頭痛などの副作用もあるため、主治医に十分確認し、問題ないように扱いましょう。
むずむず症候群を抱える患者さんの多くは、投薬治療により、大半が解決出来ていると言われています。

むずむず症候群を悩みとしている方は、不眠、疲労感など、日常生活に与える悪影響に苦労される事も多いです。
軽度であれば生活習慣の改善で症状が治まるかもしれませんが、重度であればそうとも限りません。
必要に応じて、適切な治療を受けるように、考えておきましょう。