子供のむずむず病

子供のむずむず病はなかなか見抜けない!原因と対策

むずむず病は、主に脚や手などに違和感があり、常に動かしていないと気持ち悪くて仕方がないといった感じの病気です。
足の裏やふくらはぎ、酷いときには腕や背中までむずむずするような、虫が這っているかのような、異常な感覚があってともすれば睡眠不足に陥ってしまうほど、不快な症状を伴う病気です。
中高年の女性に発症しやすいといわれています。

むずむず病は子供でも発症する・・・?

子供のむずむず病

むずむず病は妊娠中の女性や中高年に発症しやすいといわれていますが、実は子供でも発症するといわれています。

問題なのは、こどものむずむず病は見つけにくいこと!
子供の場合、大人ほど語彙がないので、脚に感じる違和感をうまく表現できない場合が多い上に、人が感じる感覚って経験からくる感情などとは違い、絶対に共有できないものなので、周りの大人が理解してあげることが難しいのです。

 

大人でしたら「虫が這っているみたい」とか「かゆいようなチクチクするような」など、様々な表現ができますが、こどもの場合は「変な感じがする」とか「脚がかゆい」という言い方で多くの場合表現されるので、一般的なかゆみと混同されやすいようです。
また、痛みがでる場合もあるようですが、それが関節に起こったりすると成長時痛と間違われるケースもあるようです。
また、動き回っていれば脚の不快感は消えるため、常に動き回っていることから落ち着きのない子と見られ、注意欠陥多動症候群と間違われやすいようです。

子供のむずむず病の見抜き方

むずむず症候群の症状は、言葉では表現しづらい事も多いため、子供にとって、自覚症状をそのまま親御様に伝えづらい場合があります。
よく表現される事があるのは「チクチクした痛み」「足の中に熱を感じる」「虫が這うような感覚」といったところでしょう。

 

しかし、子供の場合はこれらの表現ができず、足がかゆいといった伝え方になる場合もあります。
注意欠陥多動性障害と誤認される場合もありますが、子供に「足がかゆい」「落ち着きがない」「足の中に不快感を感じる」といった様子がみられた場合には、むずむず症候群を起こしている可能性があるため、十分に注意して、観察してみてください。

なぜ子供でも起こる?

むずむず病にはいくつかの原因が考えられていますが、今のところ絶対の原因というものはわかっていません。
大人の場合、鉄分不足が原因として考えられているようですが、子供の場合は鉄分が足りていてもむずむず病を発症するケースがあるようです。
現在のところ可能性としてあげられている原因として2つが考えられます。

鉄分が脳へ送られていない
遺伝的要素

2については、両親のどちらかがむずむず病を発症していると、その子供にもむずむず病を発症するといわれています。

 

子供の場合、大きな病気であっても、それをうまく表現する術を知らないがために、大人が気が付いてあげられないケースがあります。
周囲の大人、特に両親が何とかして気が付き、神経内科などの病院を受診させてあげられるようになってほしいですね。

子供の場合の対策方法

子供のむずむず症候群は、成長に伴い、症状が和らいでいく場合があります。
しかしなかなか解決しない場合、まずは鉄分を摂取させたり、足の動きを必要とする運動をさせたりする対策を行いましょう。

 

また、カフェインの摂取を控えさせるのも必要です。それらの対処で解決出来ない場合には、投薬治療も考えなければなりません。
子供の治療は、大人に行うものと同様で、ドーパミン受動態作用薬を用いるのが中心となります。
もちろん、服用量は大人に比較して少なめにする必要がありますが、医師に適切な処置を施してもらうよう、相談してみてください。

 

子供の様子で、落ち着きがなかったり、足を痒がっていたりするところが見られた場合、むずむず症候群を起こしている可能性が考えられます。
身体に悪影響を及ぼすものではないものの、不眠や疲労、ストレスを抱え込む原因にもなるため、親御様が観察し、必要に応じて病院に連れていくのも大切と言えるでしょう。