むずむず病になりやすいのは妊婦!?赤ちゃんへの影響はある?

むずむず病になりやすいのは妊婦!?赤ちゃんへの影響はある?

みなさんは「むずむず脚症候群」と呼ばれる病気があることを知っていますか?
むずむず脚症候群は正式名称を下肢静止不能症候群といい、脚がほてったり、虫が這うような感覚を感じたり、痛い、かゆいなどの不快な症状が襲います。
じっとしている時に症状が現れたり、強まったりして、脚を動かすことで症状が軽くなったり消えたりすることが特徴です。

 

妊婦さんに多いむずむず病

特に妊娠中の妊婦さんに発症しやすい病気ということが知られています。
2003年に16,000人の妊婦さんを対象として行われた研究では「妊婦の約20%にむずむず脚症候群の症状がでている」ということが明らかになっています。
20%ですから、妊婦さんの5人に1人がこの病気に悩んでいるというのです。
一体この病気は何が原因なのでしょうか。
そしてどのような対策をとることができるのでしょうか。
また妊婦さんにとって一番気になるのはやはり赤ちゃんへの影響という点でしょう。
今回はそのむずむず脚症候群について簡単にお話していきたいと思います。
まずなぜむずむず脚症候群が妊婦さんに発病しやすいかということです。
男女前世代におけるこの病気の発症確率は5%ですから、いかに妊婦さんがこの病気にかかる確率が高いかがわかると思います。
その原因は大きく2つあって、1つは「体内の鉄分が不足すること」もう一つは「脊髄が圧迫されてしまうこと」です。

 

まず鉄分不足についてですが、妊娠中、特に妊娠中期にさしかかると胎児の体内で赤血球をつくる量が増えてきます。
そのため赤血球の成分となっている鉄分が不足し、むずむず脚症候群の原因となるのです。

 

もう一つは脊髄の圧迫です。
妊娠中は胎児が成長するにつれ体重が増え、脊髄が圧迫されやすくなります。
メカニズムはまだよく分かっていませんが、椎間板ヘルニアなどの脊髄を圧迫する病気はむずむず脚症候群のリスクを高めると言われています。

 

むずむず病の対策法

むずむず脚症候群を予防するためには、まず1つ目に鉄分をしっかり摂取することが大切です。
鉄分を多く含む食品をビタミンCが豊富な野菜や果物などと一緒に取り入れると吸収率がアップします。
また、カフェインと一緒に鉄分を取り入れると吸収率が下がるので食後はコーヒーやお茶はほどほどにするなどの対策が必要です。
野菜などに多く含まれる非ヘム鉄よりも肉や魚に多く含まれるヘム鉄のほうが鉄分としては吸収されやすいので、体重の増加には気をつけなくてはいけませんが、適度に肉や魚を摂取することも必要です。
鉄分の摂取は重要ですが医師の判断なしに、一般に販売されているサプリメントを勝手に摂取するということは絶対にしてはいけません。
赤ちゃんに悪影響を与えることもあります
妊婦さん用のサプリメントもありますから、必ず医師の処方のもとに摂取するようにしましょう。

 

また脊髄の圧迫に関しても、家事や仕事をしながらだとなかなか難しいかもしれませんが、腰にできるだけ負担をかけないことが重要です。
腰をかがめる時間を少なくする努力をしたり、正しい座り方をすることなどは非常に有効的です。
また適度なマッサージやストレッチ、リラックスも効果的なようです。
眠ろうとした時にむずむずしたら脚をさすってマッサージをしたり、骨盤の歪みを直すストレッチを無理のない範囲ですることでむずむずがマシになることがあります。

 

また、妊婦さんでも飲むことのできる鎮静効果のあるローズヒップ、エルダーフラワー、レモンペーナティなどのハーブティーを就寝前に飲むと落ち着いて眠りに入ることができることも多いです。

マタニティヨガ

 

また横になる時は腰の下に抱き枕やクッションなどを引いて脊椎に力を加えないように注意しましょう。
多くの場合、むずむず脚症候群はプラミペキソールやロチゴニンなどの薬を服用することで治ることが多いですが、妊婦はこのような薬を服用することはもちろんできません。
このような場合は「非薬物療法」もありますので、ストレスが溜まって赤ちゃんに影響が出る前に早めに病院を受診することが大切です。